Unione
ニュース一覧
2021年1月23日
同窓会世界連合本部とアジア地区の管区代表がオンライン会議をいたしました。
世界中が新型コロナパンデミックにおそわれている時期であり、2021年8月に予定されている世界連合定例総会がオンラインで行われることが通知されました。
また、世界連合会則改訂のために2021年3月に臨時総会を開催することが決定しました。

2021年 1月15日〜17日

サレジオ家族霊性週間がサレジオ会本部主催のもとオンラインで開催されました。
ウニオーネ本部代表者は東アジア・オセアニア地区部会に参加しました。


2020年10月
「ウニオーネ山中のつどい」を中止いたしました。

2020年8月
新型コロナ感染症の流行が収束していないため、2020年10月31日〜11月1日に開催予定の「ウニオーネ山中のつどい」については参加者募集を見合わせております。

2020年4月
扶助者聖母会日本管区連合は4月19日に予定していたウニオーネ本部総会を中止いたしました。


2020年1月
今年一年間の目標となる「ストレンナ」が発表されました。
「誠実な社会人、キリストに倣う者」 
   みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように(マタイによる福音書6章10節)

サレジオ会のホームページを見る


2019年10月26日 Sr.フィリスとの会見    
ウニオーネ本部役員と、ウニオーネ短大、ウニオーネ東京の役員代表が、赤羽の扶助者聖マリア修道院を訪問中のSr.フィリス・ネヴェスにお会いし、同窓会活動について報告いたしました。
Sr.フィリスはローマ本部の「視察担当評議員」でいらして、日本各地のサレジアン・シスターズの修道院を訪問しておられます。



2019年10月14日 サレジアン・ファミリーデーに参加しました    
2019年10月14日(祝)、来日中のサレジアン・シスターズ本部総長のマードレ・イヴォンヌ・ランゴアをお迎えして、サレジアン・ファミリーデーが調布サレジオ神学院で 開催されました。

サレジオ家族の様々な分野で活躍している同窓生たちが集まり、マードレにご挨拶。
マードレのあたたかなお人柄に心を打たれました。


2019年10月9日〜13日
アジア・太平洋地区同窓生大会に参加しました      
タイのサンプランにあるサレジアン・シスターズの研修施設で第2回アジア・太平洋地区
同窓生大会が開催され、日本から代表3名が参加しました。
テーマは「開かれた知性、注意深い傾聴:希望ある未来を創るために」
"Open mind,attentive listening to create a hopeful future"



アジアの10か国とイタリア本部からの参加者96名は4日間にわたり、「教育と人権保護」「アジアにおける女性の人権の実情」についての講演を聞き、またパネルディスカッションとグループワークにより「文化的、宗教的な複雑さを抱えるアジアでサレジオ的価値を生かすこと」を話し合いました。

各管区の活動報告や、民族舞踊の発表などもあり、意義深い4日間でした。



2019年5月12日  サレジオ家族研修報告会に参加しました

サレジアン・シスターズのサレジオ家族部門が主催サレジオ家族研修会(2018年10月フィリピンで開催)の報告会が行われました。サレジオ家族の仲間であるサレジアニ・コオペラトーリの会員の方々と共に、ウニオーネもサレジアン。シスターズの教育施設を巣立った卒業生の団体として参加しました.


2019年度ウニオーネ管区連合総会が開催されました

2019年4月7日
星美学園短期大学においてウニオーネ日本管区連合総会が開催されました。サレジアン・シスターズ日本管区長Sr.森下、サレジオ家族担当評議員Sr.武石、サレジオ会田中次生師のご臨席を得て、7つの支部から代表40名が出席した総会は和やかな雰囲気のもとですべての議事が進行しました。年度初めにあたり、総会では全国の同窓生と心を合わせてミサを捧げ、各支部代表が顔と顔を合わせて話し合い、活動の様子を分かち合い、さらに今後の活動への活力となるサレジオ精神を深める勉強をします。ウニオーネ日本管区連合に所属する8つの同窓会はそれぞれに出身母体の環境が異なりますが、共通しているのはサレジオ精神で教育を受けていることです。その精神を継続するために、総会での経験が今後の支部活動に生かされることを期待しています。