Unione
ウニオーネとは

言葉の意味はイタリア語で「一致」、辞書を引いてみると「団結、同盟」という日本語が出てきます。 つまり、同じ主義を持った人が集まって作った団体のことを"ウニオーネ"と呼びます。
私たちはサレジアン・シスターズの教育施設で、その精神を知り、実社会の中で活かしていこうとする 同窓生のグループなので、「ウニオーネ」と呼ばれ、それぞれの学園、施設が「ウニオーネ」つまり同 窓会を組織しています。
同窓会と言えば、同じ学校を卒業した人たちの集まりですが、ウニオーネの考え方は少し違います。サ レジアン・シスターズの教育施設でその精神を知り、その教育の理想とやり方を体験し、分かち合った人 は皆、同窓生と認められます。ですから、様々な事情で卒業に至らなかった人も本人の希望により登録す ることでウニオーネ会員となれます。

創立者
聖 ドン・ボスコ(1815 〜1888)
ヨハネ(イタリア語ではジョバンニ)・ボスコ。 1815年8月16日イタリア、ピエモンテ州ベッキ村に生まれる。2歳になる前に父が急死し、 学校へ行くこともできないほど貧しい生活を送っていましたが、青少年を導く神父になりたいという望みを持っていたので、奉公をしなが ら中学校、神学校に通い、26歳の時トリノで司祭に叙階されました。
以後、貧しく、恵まれない少年たちのためにオラトリオと呼ばれる教会学校を作って指導していました。ドン・ボスコの教育法は少年たち と共にいて、見守るという指導で、厳しく罰を与えることが主流だった当時では画期的な教育法でした。1869年ドン・ボスコの事業は教皇 庁から正式に、サレジオ修道会として認可を受け、その後、教育事業を全世界に展開することとなったのです。
貧しくて、教育を受けられないために非行に走る少年たちを世話し続けたドン・ボスコは1888年1月31日息をひきとりました。1934年教皇ピ オ11世によって聖人の位にあげられました。



聖女 マリア・ドメニカ・マザレロ(1837 〜1881)
マリア・ドメニカ・マザレロは1837年 北イタリアのモルネーゼ村に生まれました。 信仰深く、勤勉で、よい指導者にも恵まれて村の少女たちのよいお手本となっていました。
23歳のときチフス患者の看病をしたためチフスにかかり、生死の境をさまよった後、マリアは人生で何をなすべきか深く考え、裁縫塾を開くことを思いつきました。貧しい娘たちが学 校へ通うのもままならない時代に、少女たちに読み書きと、技術を身につけさせながら祈りと、神様の愛を教えることが大切だと感じていたのでした。
その頃、ドン・ボスコは彼女の仕事ぶりに目を留めていました。「サレジオ会員が男子にしているような教育を同じ教育法と精神で女子に対しておこなう女子修道会」の設立するにあたり、 ドン・ボスコはこの裁縫塾の少女たちを核にしようと考え、1872年にモルネーゼに「扶助者聖マリアの娘たち」と名づけられた女子j修道会が生まれました。
マリア・マザレロは初代総長に選ばれ、たくさんの修道女や、生徒たちのマードレ(母)として愛情深く、行き届いた目で少女たちを見守り、1881年5月14日、44歳で神に召されるまで女子 教育に力を注ぎました。
  今日、まさにあらゆるところで教育と心の問題が問われています。マリア・マザレロは福音を伝えながら教育し、教育しながら福音を伝えるという二つの要素を力強く調和させることのでき た教育者のひとりです。彼女の考えは福音にもとづき、「私の兄弟であるこのもっとも小さい者の一人にしたのは、私にしてくれたことである。」(マタイ25−4)という考えによるものです。
1951年 教皇ピオ12世によって聖人の位にあげられました。
『愛の心があなたに命じることはすべて自由に行いなさい』 (マリア・マザレロの手紙より)
 


ドン・フィリッポ・リナルディ(1856 〜1931)
ドン・フィリッポ・リナルディはドン・ボスコのカリスマの最も確実な解釈者と考えられています。総長であった福者ミケーレ・ルアが1901年4月1日にフィリッポを副総長に任命した時から、 亡くなる1931年12月5日までサレジオ会の中心人物でした。特に1922年から1931年までの間は、総長として修道会を導きました。



 

精神と目的
私たちは扶助者聖母会(サレジアン・シスタース)の教育施設で学び、育てられました。そこには創立者ドン・ ボスコと、マリア・マザレロの教育理念に基く教育方針がつらぬかれています。 在籍中に受けた教育は卒業により終わってしまうものではなく、むしろ卒業後、社会に出てから生かし、伸ば していくことが大切です。宗教、道理、愛というサレジアン・スピリットに裏 打ちされた生活を卒業後も続けていくことが出来るように、宗教教育を通して得た価値観や、道徳観をより深め、実践していくことがウニオーネの目的です。進学先で、職場で、家庭で、 地域で、各々の生活環境の中でドン・ボスコの精神を受け継ぎ、 社会に還元していく姿勢が求められています。

歴史
マードレ・マザレロの在世中に開かれたオラトリオ(日曜学校)には、教育を継続するため、またシスターたちと共 に教育事業に協力するために多くの同窓生たちが通って来ていました。
1908年 オラトリオの指導司祭だったドン・フィリッポ・リナルディは卒業生たちに同窓会を結成するように提案し, 同窓生たちは規則書を作り、臨時の評議会 を結成しました。これが後に世界に広がる扶助者聖母会同窓会世界連合のはじまりです。その後、ヨーロッパを中心に、アジア、アメリカへと発展。
1921年  機関誌「unione」を創刊し、会の充実が図られました。
1972年  扶助者聖母会創立100周年記念同窓会世界大会開催。日本の同窓会は国内8つのウニオーネからなる日本管区連合 を結成して、世界連合に加盟しました。
1988年  扶助者聖母会同窓会世界連合はサレジアン・ファミリーに所属することが公式に認められました。
 

日本管区の歴史
サレジアン・シスターズは1929年にはじめての宣教女が来日して以来日本各地で教育事業を展開しています。 卒業生たちはそれぞれの学園ごとに同窓会を組織して母校を助け、互いの親睦を図っていました。星美学園短 大に進学した姉妹校の同窓生たちを中心に日本中の卒業生と連携を図ろうという機運が高まって日本管区連合 ウニオーネが組織されました。
1972年 日本のウニオーネは扶助者聖母会同窓会世界連合に加盟することになりました。
1975年 日本管区連合機関誌「ウニオーネ」を創刊。管区内の組織化が図られました。
1978年 同窓会世界連合の会長、デレガータ、同窓会担当マードレが来日されました。
1983年 同窓会創立75周年記念ヨーロッパ大会に日本管区連合のデレガータが出席しました。
1988年 ドン・ボスコ帰天100年記念合同同窓会世界大会に代表を派遣しました。
1991年 扶助者聖母会同窓会世界連合第1回評議員選挙・総会にデレガータが参加しました。
1993年 扶助者聖母会同窓会日本管区連合会則発効 同年、同窓会世界連合会長、デレガータ、扶助者 聖母会評議員が来日、各地を視察されました。
1997年 扶助者聖母会同窓会世界連合第2回評議員選挙・総会に日本管区連合の代表が参加しました。 この総会で日本人の世界連合評議員が誕生しました。
2000年 タイ、バンコクで開かれたアジア・オセアニア地域サレジアン・ファミリー合同同窓会に代表 が参加しました。
2001年 インド、チェンナイで開催された「女性と平和」アジア・セミナーに代表が出席しました。
2003年 扶助者聖母会同窓会世界連合第3回評議員選挙・総会に代表が参加しました。
2004年 新会則を作成、発効されました。
2008年 扶助者聖母会同窓会世界連合が百周年を迎えたことを記念して11月30日、赤羽で「同窓生のつどい」を開催しました。
2009年 7月26日より、ローマにて百周年記念の閉会式に合わせ、同窓会世界連合の第4回評議員選挙・総会が開催され、 日本からは後藤シスターと日本管区代表者の二名が参加しました。
2010年 聖ドン・ボスコの生誕二百年(2015年)を祝う行事の一環として、ドン・ボスコの聖遺物の納めてある御像が世界中を巡る中、日本にも2月2日〜18日の間滞在、サレジオ家族の拠点のある各地を訪れました。
2011年 3月11日、東日本大震災の発生に伴い、赤羽で予定されていた日本管区総会の開催が中止になりました。