Unione
ドン・ボスコ200周年

ドン・ボスコ生誕200周年について、詳しくは「こちら」をご覧ください。
サレジオ会日本管区のサイトが開きます。
ドン・ボスコ・ニュースが配信されました (2014年7月30日)
ドン・ボスコ生誕200周年について (2014年7月3日)
 同窓生の皆様は学生時代にシスターから習ったドン・ボスコについて覚えていますか? 私たちの学校・施設の創立者である聖ヨハネ・ボスコ(ドン・ボスコ)は1815年8月16日、イタリアのトリノ近郊の小さな村で生まれました。つまり2015年8月16日で生誕200周年を迎えます。 サレジオ会本部では今年(2014年)の8月16日から2015年8月16日までの一年間を世界中のサレジオ家族が一緒に生誕200周年を祝う年間と定めました。
この期間に、日本でも沢山のイベントが計画されています。
2014年8月16日、全世界で正式に200周年開始が宣言されます。各自お祈りをいたしましょう。
日本では2014年9月15日(敬老の日・月曜日)に、以下の5箇所で一斉に開始のミサを行います。

 東京:碑文谷教会
 大阪:城星学園 ※大阪星光学院から変更になりました
 長崎:大村・植松教会
 別府:別府教会
 宮崎:カリタス会

2015年8月16日にはトリノにおいて200周年閉幕の式が行われます。 日本では2015年11月23日に東京カテドラルにおいてサレジオ家族と、ドン・ボスコを愛する人たちと共に集うミサならびにドン・ボスコ・フェスティバルを開催の予定です。


ドン・ボスコ生誕200周年実行委員会では、200周年を祝うシンボルとして「ヒマワリ」を選びました。
その理由は
 ・ドン・ボスコの誕生日、8月16日頃に咲く夏を代表する花であること。
 ・鮮やかな黄色はドン・ボスコの「喜び」と「明るさ」を連想させること。
 ・「ヒマワリ」が太陽を追い続けるイメージはいつも神様を追い求める人のイメージと重なること。
  ・一つの花から無数の種が採れる様子がドン・ボスコの心の広がりを連想させること。
 ・ヒマワリ畑で一斉に花開く姿は、サレジオ家族のファミリーらしさに似ていること。

今年と、来年ひまわりを育ててみましょう。 「ヒマワリ」のように私たちも一緒に神様に向かって歩み、笑顔でまわりの人に生きる喜びを分かち合いましょう。