Unione
2013年のニュース一覧

2013年度日本管区ウニオーネ総会開催
2013年4月14日、星美学園短期大学において、国内、8つのウニオーネの代表約40名が集まり、 扶助者聖母会同窓会日本管区連合ウニオーネ総会が開催されました。
席上、これまでウニオーネ本部デレガータとしてご指導くださいました城所逸廼シスターに代わり、 新たに鈴木裕子シスターの着任が発表されました。引き続いて2012年度本部活動報告並びに決算報告、 2013年度本部予算案が審議され、承認されました。また、今後の活動の在り方、特に支部間の交流に ついて活発に討議することができました。
午後からは、サレジオ会副管区長の山野内倫明神父様から、「2013年ストレンナ」についてに次のよう な主旨でお話していただきました。
  「主において常に喜びなさい。重ねて言います。喜びなさい。」(フィリピの信徒への手紙4・4)この 聖書の言葉は、フィリピの教会が、希望を失われた時に与えられた手紙の一文であり、教育者である、 ドン・ボスコを一番良く表す言葉です。
ドン・ボスコの教育の特徴は、「家庭の雰囲気を大切にする」で、その内で人間関係や宗教心を養い、 社会に出てからは責任をもって生き、教会においては奉仕を喜んですることです。
皆さんは、暖かな家庭の雰囲気を持った中で、シスター方と共に学園時代を過ごしたと思います。 愛を受けてこない人は、愛を伝えられません。伝えられた事は、必ず伝える事ができます。皆さんが、 学園で受けた愛と喜びを、若者や周りの人に伝えましょう。